スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の本当の美味しさを知っていますか?
北海道グルメを集めました!!

気をつけなはれや(「・ω・)[ ガオーッ!!

札幌も今年は異例の厳しい残暑。

暑さ寒さに限らず、、
過ごしやすいところに行きたくなるのは、
熊も同じってことだぬ。

(「・ω・)「 ガオーッ!!

 札幌市内でこの夏、ヒグマの目撃が相次いでいる。7月5日には南区の芸術の森近くで測量作業員が大型のヒグマを発見、7日に野外ステージで開幕したパシフィック・ミュージック・フェスティバルの売店出店が取りやめになるなど、さまざまな影響が出ている。昨年秋にも住宅地で多くの目撃情報が寄せられたが、札幌のヒグマにいま何が起こっているのか。(藤井克郎)

 この夏の札幌市のヒグマ目撃情報は7月3日、南区の藤の沢小学校前の道路を登校時間に横切ったというのが始まりだった。同じ日には近くの果樹園でハスカップの実を食べているヒグマが目撃されたほか、5日には同区の芸術の森近く、7日には中央区盤渓(ばんけい)のウイングばんけいテニスガーデン近くに出没。盤渓付近では22、23、27日、8月3日にも目撃されており、警察官や市職員らが警戒しているほか、住民に注意するよう呼びかけている。

 同市みどりの推進課の長谷川正彦みどりの活用担当課長(54)によると、今年は例年になくヒグマの出没時期が早いという。昨年は、普通なら目撃されない10月に集中したが、ドングリの不作で餌を求めて市街地近くまで下りてきたのが理由ではないかとされた。

 「でも今の時期に出てくるのはドングリがないからという理由ではない」と解説するのは、ヒグマの生態に詳しい道立総合研究機構環境・地質研究本部の間野勉企画課長(52)だ。間野さんによると、生まれて2年目になる子グマはこの時期、母グマから自立せざるを得なくなるが、クマの社会の中で最も弱い立場なので、他の雄グマの脅威から逃れようとして人間の生活空間に現れるのだという。

 「若い個体なので好奇心も強く、そのときに生ゴミや果樹園の果物などを簡単に口にできると、ここはいいところだと勘違いしてしまう。犬のしつけで、人にかみついたりほえたりしてはだめだということを子犬のころに教え込まないと、親犬になってしかっても直らないのと同じです。クマはクマらしく、人は人らしく、お互いわきまえたよそよそしい関係が大事なんです」と強調する。

 一方、日本クマネットワークの代表を務める北海道大学獣医学研究科の坪田敏男教授(51)は「日本全国、どこもクマの分布が広がっていて、いつでも住宅地に現れる状態」と指摘する。坪田さんによると、北海道は本州ほど顕著ではないものの、人里に近い里山の過疎化が進むことで野生のすみかと化す傾向があるという。ただ札幌市のような人口190万人もの都会にヒグマが出るような都市は世界でも珍しく、「いつ人身事故が起きてもおかしくない。早急に予防策を講じる必要がある」と警鐘を鳴らす。

 市では現在、目撃情報が相次ぐ地域の果樹園などに電気柵を導入することを進めているほか、小学校などでクマの生態を知る出前講座を開き、子供たちへの啓発に努めているという。だが道立総合研究機構の間野さんは、現在の予防では不十分だと主張する。

 「たとえばゴミステーションは、クマに壊されないような頑丈な金属製のものにすべきです。生ゴミで餌付けするようなことがあってはならない。さらに現在は危機管理を猟友会など民間に頼っている。アメリカやカナダでは州政府のレンジャーがいて行政が責任を持って対応しているが、そういう仕組みが必要です。啓発教育も不十分で、子供たちはまるでテロリストや凶悪犯人が近所に潜んでいるみたいに思っているのではないか」と間野さん。

 日本クマネットワークでは、ヒグマの毛皮やふんの模型、クマスプレーなどを詰め込んだトランクキットを学校や環境教育に携わる人に無料で貸し出して、クマの生態を知ってもらうよう活動している。だが、代表を務める北大の坪田教授によると、市の教育委員会にもアプローチはしているものの、あまり関心を示していないという。「過剰に怖がる必要はないが、逆にかわいい動物として扱うのも困る。全く知識もなくクマが出没する可能性のある街に住んでいるのはよくない。小学生のうちに学校教育で学んでおけば、対処できる土壌は生まれるはずです」と強調する。

 これに対し、市みどりの推進課の長谷川課長は「生ゴミは収集日の朝に出すよう周知しているが、今まではカラス対策というのが大きかった。これからはヒグマ対策も考えなくてはと思っています。教育に関しては、市で環境問題の副読本を作っていますが、そこにヒグマのことも含める必要があるのかもしれない。前向きに検討したい」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120820-00000529-san-soci

そいえば去年も、
札幌市内にクマ出没ってなニュースが何回かあったっけよね。
これだけ頻繁になってくると、
他人事じゃなくなってくりおね((;◢益◣ ))ガクガクブルブル

日頃から意識してたって、
まさかこんなところで…
ってな状態じゃ、
とっさに冷静な行動なんてきっとできないおねぇ。

ε≡≡≡ヘ(l|i゚囗゚*)ノ゙ ぎゃぁぁぁ!!!!

クマの世界でも、
ゆとり教育の影響が出始めてるのかな・・・( ̄  ̄;)

兎にも角にも、
人間と野生の動物たちが安心して共存できる、
そんな世の中になって欲しいもんだぬ(,,・`ω´・)-`ω-),,・`ω´・)-`ω-) ))

気をつけてと言っても、
出会っちゃったら何をどうすればいいのかわからないけど、
それでもやっぱり気をつけて(「・ω・)「 ガオーッ!!

北海道の本当の美味しさを知っていますか?
北海道グルメを集めました!!

コメントの投稿

非公開コメント

 

最新記事
プロフィール

かるしあ

Author:かるしあ

北海道と静岡県の遠距離結婚中
ヽ( 〃 ̄ω ̄)人( ̄ω ̄〃 )ノ

せっかくなんでお店とか出来事とか、北海道と静岡県のことを綴ってみよっかなブログ
...φ( ̄∇ ̄o)ゞ

カテゴリ
タグクラウド



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。