スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の本当の美味しさを知っていますか?
北海道グルメを集めました!!

峠の鶏小屋の卵焼きが帰ってキタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!!

わずか1坪の卵焼き専門店が、
10倍のスケールで帰ってキタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!!

 札幌・北34条駅近くに8月8日、鶏料理店「峠の鶏小屋」(札幌市北区北33西3、TEL 011-815-1708)がオープンした。

 同店は2002年、函館近郊・七飯町の峠下に店舗面積わずか1坪の卵焼き専門店としてオープン。当時口コミで話題となり、行列や品切れで買えないほどの人気となったが、養鶏場で飼育していた卵の供給が追いつかなくなり、2004年に札幌に移転し一時閉店。その後、インターネットでの商品販売や「ピザハット」(東京都渋谷区)へ商品提供、催事への出店などで商品を展開。今回は数年ぶりに実店舗を開いた。

 店舗面積は約10坪。店主・岩渕さんの和食板前歴30年のキャリアを生かし、卵焼きだけでなく、鶏肉を使った定食も提供する。北海道産食材をメーンに、道内産の赤卵や「ゆめぴりか」、旬の新米を使うなど素材にこだわるという。

 主なメニューは、関西風の和風だしで柔らかく煮込んだ鶏肉と京都の会席料理「瓢亭玉子」風など盛り付けた「鶏肉定食」「鶏肉弁当」(以上600円)、「鶏丼 和風味」(550円)、「とりそぼろ弁当」(450円)などの定食メニューのほか、ホタテの貝柱とだしを使った「卵焼きスティック」(150円)、「卵焼き」(小=450円、大=900円)、「鶏なめ茸(たけ)」(400円)、「和食板前だった当時人気だった」という「さつまいもチップ」(200円)なども用意する。

 岩渕さんは「メニューは少ないが、いいものを提供したい。まずは一度足を運んで当店の味を知っていただければ」と話す。

 営業時間は11時~19時。

http://sapporo.keizai.biz/headline/1430/

これを見たら、晩御飯を食べちゃった自分を後悔するかも…
ホタテの貝柱とだし入りで名物の卵焼き

他にも卵焼きスティックやさつまいもチップスなんてのも気になる(*´艸)(艸`*)ネー

色んな分野でチェーン展開の動きが盛んな現代において、
ネームバリューじゃなくて、
自分の武器で勝負してるってのがいいっけよねd(-∀-。)

やっぱり通販で購入したものとは違うだろうし、
一度足を運んで味をしってしまったら…

惚れてまうやろなぁ(〃▽〃)ポッ❤

いつかきゅきゅと行く手帳に...φ(・ω・ )ヵキヵキ
ウチらが行くまで閉めないでいてねぇ。

.ォ☆.ネ。ガ.:ィ*・゚((人д`o)(o´д人))).ォ☆.ネ。ガ.:ィ*・゚

峠の鶏小屋 ← 『tamagoyaki.jp』ってのがd(ゝд◕✿)ィィヮョ!

北海道の本当の美味しさを知っていますか?
北海道グルメを集めました!!

コメントの投稿

非公開コメント

 

最新記事
プロフィール

かるしあ

Author:かるしあ

北海道と静岡県の遠距離結婚中
ヽ( 〃 ̄ω ̄)人( ̄ω ̄〃 )ノ

せっかくなんでお店とか出来事とか、北海道と静岡県のことを綴ってみよっかなブログ
...φ( ̄∇ ̄o)ゞ

カテゴリ
タグクラウド



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。