スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の本当の美味しさを知っていますか?
北海道グルメを集めました!!

『浜松ジオラマグランプリ』

ジオラマで見る自分の街の風景ってのも、
写真と違った趣があって、
なかなかいいもんだぬ(✿-ω-)ゥンゥン♫

 浜松駅前の遠鉄百貨店(浜松市中区砂山)の「ギャラリー・ロゼ」で8月26日、「第1回 浜松ジオラマグランプリ」の表彰式が行われた。

 同グランプリは「ザザシティ浜松」(鍛冶町)に今年5月に開設された「浜松ジオラマファクトリー」の運営元である「はままつ未来会議」が主催。今月20日~26日に同所で展示をし、来場客の一般投票と審査員の投票で各賞が決まった。この日の午後に行われた最終審査では決定が難航し、表彰式が予定より30分遅れて始まった。

 大賞は、兵庫県西宮市の小原雅司さんが制作した1969(昭和44)年の軽自動車「スバルR-2」をメーンとした作品「峠」が受賞した。ノンジャンル部門賞は浜松市の山城守子さんが作った「フェスティバルの朝」、浜松市長賞(テーマ浜松部門賞)には同市の中沢祥浩さんの「みかんの樹(TINY PIPER & FRIENDS)」、ジュニア部門賞は同市の新村優芽さんの「弁天島の風けい」がそれぞれ受賞した。

 審査員で大賞のプレゼンターも務めたタミヤ会長、田宮俊作さんは「今回のグランプリは上位の作品のレベルが相当高かったので審査に時間が掛かった。その中でも大賞はプロ中のプロの作品」と評した。実行委員長の関伸一さんは総括として「開催7日間で予想を上回る延べ5,000人を超える方が来てくれた。第1回と銘打っているからには2回、3回と続けて開催していきたい。ジオラマを通じてものづくりを子どもたちに伝えていければ」と語った。

 大賞をはじめとした受賞作品は、引き続き浜松ジオラマファクトリーで展示される。開館時間は10時~19時。入場料は大人=400円、中高校生=200円、小学生以下=無料。
http://hamamatsu.keizai.biz/headline/698/

大賞作品はこちら
兵庫県西宮市の小原雅司さん作「スバルR-2」をメーンとした作品「峠」

ノンジャンル部門賞はこちら
浜松市の山城守子さん作「フェスティバルの朝」

浜松市長賞はこちら
浜松市の中沢祥浩さん作「みかんの樹(TINY PIPER & FRIENDS)」

ジュニア部門賞はこちら
浜松市の新村優芽さん作「弁天島の風けい」

どの作品も個性があっていいっけねぇd=(・ω-`o)グッ♪
リアルすぎないところが温かいっていうか、
きっと作者の思い出が詰まってるんだろなぁ~って感じがして、
色々な背景を垣間見ることができていいなっと(✿-ω-)ゥンゥン♫

自分の思い出と重なる風景もあったりして、
そうするとこれまた面白い味わいが生まれたりしてね(ノ´∀`*)アハッ♪

ジュニア部門賞の弁天島の風景なんて、
まさに自分の思い出と重なっちゃって…

あぁ…

あの浜名バイパス走りながら、
橋の頂上付近で赤鳥居を眺めてる時に、
オーバーヒートで車が止まったっけなぁ…

とりあえずタバコ吸いながら、
あそこから海を眺めてしばらくたそがれたっけなぁ…

ってな(థ公థ。)ブハハハ…



この動画では赤鳥居が正面から見えないのが残念だけど、
この辺りの雰囲気は好きなんよねぇ(っ′∀`)っ

いつか、
きゅきゅに見せてあげたいなぁ(*・∀-)ハ(-∀・*)



おっとっと、
妄想にふけってもぅた(*ノ∀`)ペチ

道の駅『潮見坂』で、
足湯にのんびり入りながら見る海は絶景+.゚(*・∀・*)b゚+.゚
(たまに足湯のお湯が汚いけろ…なんてことは言わないの(●・3-)b)

豊橋から浜松に向かってくると、
愛知県と静岡県の県境、
静岡県に入ってすぐにあるトンネルを抜けた瞬間に目の前に広がる景色は、
これまた爽快なんよねぇ+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

浜名湖周辺はいいとこだにぃ”d(ゝc_,・。)♪

いつか一緒に行こうね♪(*・∀-)ハ(-∀・*)

北海道の本当の美味しさを知っていますか?
北海道グルメを集めました!!

コメントの投稿

非公開コメント

 

最新記事
プロフィール

かるしあ

Author:かるしあ

北海道と静岡県の遠距離結婚中
ヽ( 〃 ̄ω ̄)人( ̄ω ̄〃 )ノ

せっかくなんでお店とか出来事とか、北海道と静岡県のことを綴ってみよっかなブログ
...φ( ̄∇ ̄o)ゞ

カテゴリ
タグクラウド



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。